ブラックでもクレジットカードを作ることができるのか

クレジットカードを新しくつくる時は、金融会社の審査を受けて、一定の信用があることを証明する必要があります。現時点で利用しているキャッシングやローンや、

今まで返済を滞らせたことがあるかなどが、信用情報会社に照会すると確認ができます。信用情報がブラックになる理由というのは色々とありますが、例えばお金を借りて返済が遅れている人や任意整理、自己破産をしている人が該当します。ブラックとしての情報がある人は金融機関からすると、お金を貸しても返済してもらえない可能性が高いということになります。お金を貸すと大変リスクがあると判断されるブラックの状態の人たちは、クレジットカードも作ることが物凄く困難になります。今まで、自己破産や滞納をしたことがある人は、それ以外の人に比べて、返済日までにお金を返せない可能性があると考えられます。過去に滞納や自己破産をした本人はそれほど意識していないこともありますが、金融会社からすればとても大事なことです。顧客とカード会社の間に信用がなければお金のやり取りは成立しませんので、以外と大切な部分になっています。しかし、ブラックの人が一生クレジットカードを作ることができないのかといえば、そうでもないのです。3年とか5年とか、だいたいの目安はあるようですが、何年でブラックの情報が必ず消えるという確かな情報はありません。少なくと一生、クレジットカードの審査に通らないというわけではないようです。とはいえ、信用情報会社に事故情報が残っている人はクレジットカードの審査ではマイナスに判断されるようになります。
ブラック融資

投稿者について

user37356