観光立国日本になるための布石とは?

こんにちわ、鈴木遼太郎です。ずいぶんと大きな命題ですが、このコロナ渦の中ではあるものの、日本がもっともっと経済的に余裕を作れる一つのカードとしては、海外からのお金を落としていってもらうことが考えられます。

コロナになる前は、少しずつではあるものの、外国人観光客は増えていました。

日本政府観光局(JNTO=Japan Tourism Statistics)から出ている統計によると、

10年前の2010年の来日外国人の人数が1年間で861万人だったのに対し、コロナに入るまえの2019年で3188万人に膨れ上がっています。9年で3.7倍に増えています。

この増加傾向はオリンピックにむけて、まだまだ上がるポテンシャルは優に持っていたことでしょう。

いまはまだ、日本でも打倒コロナ!の風潮が消えていないですが、およその確立でwithコロナを余技される時代が来るんじゃないかと思っています。その時代になっても観光客・コロナと正しく安全に取り組むこができれば、2019年までの客数に匹敵する時代に戻すことができるんじゃないかなと思います。やりましょう!

観光地に英語のシャワーを。

投稿者について

user37380